ED勃起不全の原因

ED勃起不全は40代以上の男性の病気だと思っている方もいるかもしれません。しかし、EDは誰でもなりえる病気です。今回は、30代特有のEDの原因についてご紹介します。男性の勃起不全は、大きく分けると器質性(身体の問題)と心因性(こころの問題)に分けることができ、薬を使った治療方法やこころの中にある原因をつきとめ心理的な治療を施す場合があります。

ED勃起不全の原因について、詳しく紹介します。

生活習慣病

高血圧、高血糖(糖尿病)、脂質異常、肥満などの生活習慣病もEDの原因になります。もちろんこれは、器質的な要因によるEDに分類されます。

生活習慣病がEDの原因になるおもな理由は、それによって動脈硬化が早く進行するからです。動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞などのリスクを高める病気として知られていますが、その前に多くの場合EDをひき起こします。

運動不足

普段の仕事がデスクワーク中心で平日は身体を動かす機会が無く、休日も一日中家でダラダラと過ごす生活が続いていると、ED(勃起不全)を引き起こす可能性があります。

薬剤の副作用

病気の治療のために服用している薬の副作用で、勃起不全になることがあります。原因となるものには、中枢神経や末梢神経に作用する薬剤、循環器系に作用する薬剤、消化管に作用する薬剤などがあります。

心理的な要因

「心因性勃起不全」とは、身体にはどこにも異常がないのに、ストレスなどの心理的な影響によって勃起不全が誘発されることを言います。実は、勃起不全で一番多いのがこのケースです。精神的なストレスがあると、いくら性的な刺激があっても大脳が興奮しづらくなり、勃起のメカニズムがうまく作用しなくなるのです。

加齢

EDの原因として最も身近なのが年齢による衰えでしょう。年齢が上がるとEDになる要因が様々でてきます。男性ホルモンの減少、動脈硬化による血管障害、糖尿病・高血圧・高脂血症などの生活習慣病が原因となる血管や神経の障害など、身体的な衰えや生活習慣によるものまでその原因は多岐に渡ります。

怪我

ケガや外科手術などで勃起に関係する神経が傷つくとEDの原因になります。ケガで多いのがバイク事故による脊椎の損傷で、重症のEDになる場合があります。手術では、前立腺がんなどで前立腺の摘出手術を受けると、周囲の神経を傷つけないように注意して手術しても1~2年は勃起不全の症状が出ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です