タダシップが効かない方があるの?理由は?

きちんと服用したのにタダシップが効かないと、とても焦ってしまうことでしょう。男性の性生活を支えてくれる“タダシップ”。効果があると人気ですが、中には「効き目がイマイチ」という声も…。なぜ効かないのか、どんな飲み方をすれば効き目を実感できるのか、詳しくチェックしていきましょう!

タダシップの効かない原因として考えられることは、服用者の体質とタダシップの成分の相性が悪かったということがあります。

★体質の原因で

服用者の体質によって効果が実感できないこともあります。たとえばAという薬がBさんにはとてもよく効いたけど、同じ症状のCさんには効果がみられなかったということです。これは、クスリに含まれる主成分以外の添加物が原因で起こることがあるのです。

タダシップの主成分はシアリスと同じタダラフィルですが、それ以外にも添加物が含まれています。その添加物が原因なら、主成分のタダラフィルが同じ出添加物が違うメガリスという薬もあります。

メガリスはタダシップよりは少し薬価が高いですが、シアリスほど高くはないので試してみる価値はあると思います。

★飲むタイミングの原因で

飲むタイミング、または飲み方が良くない可能性が大きいです。

◎飲んですぐ性行為をする

タダシップは水に溶けにくい薬です。そのため成分が溶け出して効果が出てくるまでの時間は他のED治療薬よりもかなりゆっくり。

早い人でも1時間程度、時間がかかる人では4時間かかる場合もあります。そのため、飲んですぐに性行為を始めたとしても効果が発揮できない場合も考えられるのです。

◎暴飲暴食のあとの服用

タダシップは他のED治療薬と違って食事の影響を受けにくい薬になっています。とは言え、暴飲暴食のあとに服用すればやはり成分の吸収率は下がってしまいます。アルコールをとり過ぎた後も同様です。

◎水やぬるま湯以外での服用

服用時に乳製品などと一緒に服用してしまうと、成分の吸収率は下がってしまう可能性があります。

「タダシップを飲んでも効果が実感できなかった…」という人は、上の原因に当てはまるものがなかったかどうかチェックしてみましょう。